オナニーのやり過ぎでチンコ(ペニス)は小さくなるのか?

オナニーでチンコが小さくなる

男性は思春期を迎えた頃からオナニーを覚えて、成人した後もほとんどの男性がオナニーをやり続けます。

適度なオナニーは、体内の代謝を促して精神的にもリフレッシュするなど、生物学的にも「必要なもの」として認知されています。

でも、あまりにもオナニーに囚われすぎていると感じるときがありませんか?

暇ができると、オナニーのことを考えてムラムラしてくる。

ある程度は自分の性欲のおもむくまま、オナニーをすることも必要ですが、気になるのが体への影響。

特に、オナニーをやり過ぎるとペニスが小さくなるという噂もあります。

このページでは、オナニーがチンコの大きさに与える影響と、小さいチンコを大きくするためにはどうしたらいいか?といったところまで言及したいと思います。

>>チンコ大きくする方法をすぐに見たい方はコチラ

オナニーが与えるチンコのサイズへの影響

まず結論から言うと、

オナニーのやり過ぎでチンコは小さくなってしまいます。

そう、オナニーでチンコは小さくなるんです。

ですが、逆に言うと

頻繁にオナニーをしている人は、オナニーを控えることでチンコが大きくなる可能性がある

ということです。

順を追って説明します。

成長ホルモンがムダになる

チンコが大きく成長するためには、男性ホルモンを中心とした「成長ホルモン」が必要です。成長ホルモンは体の中で生成されて、体調維持や体の成長に使われています。

オナニーをするために興奮して射精してしまうと、この成長ホルモンを大量に興奮や射精に使ってしまいます。

興奮することで成長ホルモンが分泌されるのですが、射精をするための「精力」に成長ホルモンを使ってしまうため、結果として、オナニーのやり過ぎがチンコの成長を妨げてしまうんです。

精液(精子)の生成でタンパク質が使われてしまう

精液(精子)の生成にタンパク質が使われているのは有名な話です。

タンパク質は体を構成する上で重要な成分です。特に細胞や筋肉の成長には不可欠です。

チンコは海綿体細胞と呼ばれる細胞と、PC筋・下腹部からつながる筋肉でできています。

つまり、チンコの成長にはタンパク質が不可欠なわけです。

オナニーをやり過ぎると、すぐに精液(精子)を作るため頻繁にタンパク質が使われます。

その量はそれほど多くありませんが、それでも同じチンコである陰茎や亀頭の成長には影響がでてきます。精液の生成で、本来チンコの細胞や筋肉の成長に使われるタンパク質が使われなくなるからです。

もちろん、オナニーをするすべての男性のチンコが小さくなるわけではありません。逆にオナニーをやめたからといって必ずチンコが大きくなるわけではありません。

ですが、可能性がある限り、チンコが小さくなる要因をやめてチンコが大きくなることを実践することが、チンコ増大には必要なんです。

チンコ(ペニス)を大きくする方法

チンコ(ペニス)を大きくするためには

  • 成長ホルモンとタンパク質のムダ使いをやめる
  • チンコ増大のトレーニングをする
  • チンコの成長に必要な成分を摂取する

といった方法が効果的です。

成長ホルモンとタンパク質のムダ使いをやめる

成長ホルモンとタンパク質のムダ使いをやめることでチンコは大きくなります。

「カリオナペス」という言葉を聞いたことはありますか?

カリオナペスとは、自分でチンコを大きくするトレーニングのひとつで、半勃起状態をキープしてそこから射精をしないで禁止する方法です。

射精をしないことで、成長ホルモンやタンパク質のムダ使いを防止します。

さらに半勃起状態を維持することで成長ホルモンの分泌を促して、チンコ増大に成長ホルモンを使えるようにします。

具体的な方法としては

  • エロ本やAVなどを見てチンコはいじらず半勃起状態にする
  • その状態を30分くらいキープする
  • 射精はしない

カリオナペスは「興奮して勃起させるけど射精はしない」ということです。

なかなか精神的にキツイかもしれませんが、カリオナペスは科学的にみても成果のあるトレーニングとして実証されています。

カリオナペスの具体的なやり方や効果については以下のページで詳しくまとめてあります。ぜひ合わせて読んでみてください。

チンコ増大のトレーニングをする

チンコを大きくするためのトレーニングに「チントレ」というものがあります。

チンコは、海綿体細胞と呼ばれる細胞と筋肉から構成されています。

背の高さ(身長)のように「骨」で長さが決まる場合は大人になってからでは大きくなりません。骨の成長は思春期を過ぎて止まると、それ以降伸びないからです。

ですが、細胞と筋肉は違います。

成長に必要な成分を摂取すれば細胞は大きくなるし、筋トレして筋肉を鍛えれば筋肉は太くなります。

チンコも一緒です。細胞と筋肉で構成されているので、大人になってからでも筋トレをすれば成長するんです。

チントレは、チンコを構成するPC筋や下腹部からつながる筋肉を鍛えて、チンコを太く大きくするためのトレーニングです。

チントレの具体的な方法については以下のページで詳しくまとめてあります。簡単なトレーニングなので、ぜひ今日から実践してみてください。

チンコの成長に必要な成分を摂取する

チンコは海綿体細胞という細胞で構成されているので、成長に必要な栄養分を摂取すれば、大人になってからでもチンコは大きくなります。

その、チンコの成長となる欠かせない成分は以下の2つです。

  • シトルリン:ペニスの血流を増大させて、ペニスそのものを大きくする
  • アルギニン:チンコの成長に必要な成分。精力増大効果もある

この2つの成分は、チンコ増大に抜群の効果がありますが、普段の食事ではほとんど摂取できません。

そこで効果的なのが「ペニス増大サプリ」と呼ばれるサプリメントです。

ペニス増大サプリ

食事からはほとんど摂取できないシトルリンとアルギニンが効率よく配合されていて、チンコの成長に必要な十分な量を毎日摂取することができます。

実際に僕自身も飲んでいて、確実な増大効果を実感しています。

おすすめのペニス増大サプリ(精力剤)

★★ ヴォルスターキャンペーン情報!★★

当サイト売り上げNo.1!ヴォルスタービヨンドの新年キャンペーン!
1/10(金)15:00まで限定!!
サプリ3箱購入で、

  1. サプリもう1箱(1ヶ月分)
  2. ヴォルスターリキッド(増大ローション)7袋

をすべて無料でプレゼント!!

通常価格55,200円のところ、38%OFFの34,220円でサプリ4箱+増大ローション7袋を購入できます!


<小袋でホテルの携帯にも便利!>

当サイト売り上げNo.1!
ガッチガチにデカくなる!ヴォルスタービヨンドと増大ローションの相乗効果と、ヌレヌレ状態の快感セックスをぜひ一度試してみてください!

オナニーのやり過ぎると必ずチンコが小さくなるわけではありません。

ですが、チンコが小さい要因のひとつではあります。

オナニーをなるべく控えて、今回ご紹介したトレーニングや増大サプリを試してみてください。続けることで、僕のように必ず増大効果を実感できるはずですよ!